男性が本音を語る場所

女性と比べて男性は口数が少なく寡黙な方が多めです。
女子会という単語も耳に馴染むものになり、ホテルのランチビュッフェを覗けば飲食店は9割女性客でにぎわっています。女性は集うことや、ちょっとした日常の事についてのお喋りすることも大好きです。

こうして考えてみると、毎日お仕事で様々な方と接して、多岐に渡り話題が豊富なのは、やはり男性です。
恋人同士になっても、夫婦になっても、親子になっても、お話し好きな男性は少なく、本音が見えにくいと思ったことはありませんか?

交際クラブのデートでは同じ男性の中でも、社会的地位が高い男性と数時間過ごすことになります。
そんなVIPな男性が心置きなく、「本音」で話しが出来る場所はいったいどこなのでしょうか?
VIPな男性が好む場所の1つは、富裕層が集まる会員制の高級ラウンジや高級会員制BARです。
しっとりとした雰囲気の都会の一等地にある隠れ家のようなBARで働くマスターから面白い話を伺った事があります。

それは、はじめてそのお店に来店したお客様でも「お客様の話を聞いていると、経営者の方か一般社員の方か分かりますよ。」というお話しです。

いくつかの会話の中で大きく違う点は、
経営者の方は、①前向きな発言が多い②愚痴を言わない③誰かのせいにしない
例え景気が悪くても、何か工夫することを模索し、どういったアクションを起こせば今の状況を改善・打破出来るのか。と、そのような前向きなお話を美味しいお酒を飲みながら活き活きとした表情でされるようです。
仮に、このような内容を経営者以外のお客様がお話しするときは、「景気悪いからボーナスは期待できないだろうな。」など、どうしても自己視点で後ろ向きに感じる発言が多いようです。

経営者の方は、愚痴をこぼしたくなる環境に置かれても、責任感の強さから人のせいにせず、前を向いて考えを張り巡らせているようです。
同じ人間なので、時々ホロリと弱音を吐くこともあるようですが、それはこの場だけで、社内の人間ではないマスターが受け止めているようです。
ふとした本音を話せる人や場所があることは、とても貴重で大切です。人によりけりだとは思いますが、やはり男性はパートナーや家族の前では強い自分でいなければと、たとえ体調が優れなくても、気持ちが沈んでいてもそれを見せまいと、いつも気丈に振舞っている方が多いと感じます。

大勢でワイワイ語り合う女性と違って、男性の本音って限られた人にしか話せないものなのかもしれませんね。

VIPな男性は多忙な中、交際クラブを利用してお好みの女性と楽しいひと時を過ごしたいとデートにお誘いしています。その中で、やはり「癒し」を強く求めていると言っても過言ではありません。

もし、男性がホロリと本音をこぼしたり、少し弱気な言葉を口にした時は、良い意味に捉えてくださいね。
日頃口にはしない事を、貴女との時間に癒されて、ふと気が休まり聞いて欲しくなったんだと思います。
2回目以降のデートに繋がる信頼関係を築いていけるように、男性が本音を語れるような癒やしの女性になっていただければ幸いです。

Under the new teacher evaluation model, a requirement for accepting $500 million in race to the top funds, tenured teachers are to be observed online assignment help four times a year