登録女性の数は重要です

現在、都心を中心に数多くの交際クラブが営業しております。その中でも私どもの倶楽部は、日本一の女性登録数を誇っております。

女性は女性同士の噂話を含めた口コミをはじめ、ブログ、ツィッター、フェイスブックなどのソーシャルネットサービスで情報を得て登録にお越しくださいます。

数多くある交際倶楽部の中には、倶楽部のスタッフが街頭で声をかけて登録を促したり、スカウトマンなどの業者を使って女性を集めているクラブもあるようです。わざわざ人員を割いたり、時間とコストをかけて女性を集める必要があるのでしょうか?それは広告や口コミといった宣伝だけでは、女性の数が十分に集まらないからなのです。

そうなるとどのようなことが起こるでしょうか。

女性の登録数がすくないということは、利用する男性が満足できるサービスを提供できないということになり、何かしらの手段を使って女性を集める必要があります。そのためには運転資金がかかりますが、男性会員に十分なサービスを提供できない交際倶楽部がその資金を集めるのは至難の業です。さらに男性が利用しない、男性会員が増えないということになれば、せっかく登録している女性にデートセッティングを出すことができず、女性が退会してしまったり、連絡が取れなくなってしまい、女性の数自体も少なくなってしまいます。そうなると、さらに男性会員も減少の一途をたどってしまい、その倶楽部自体の営業も怪しくなり、ついには活動をストップせざるを得なくなります。

このような交際倶楽部は過去に存在し、せっかく入会の手続きをしたものの連絡が取れなくなってしまい、入会金や紹介料を損してしまったというお話をお伺いすることも少なくありません。

また、潤沢な資金があるようなデート倶楽部では、スカウトマンや何かしらの事務所などと提携し、交際クラブへの登録を促すようなところもあります。

そのような女性たちは、自発的に登録したわけではないので、デートセッティングに前向きとは言い切れません。スカウトマンなどは口もうまく、自信満々に良いことだけを女性に伝えます。ですので、女性は交際クラブを利用する男性が何を求めているのかを安直な考えで理解した気になり、デートに向かいます。蓋を開けてみたら、双方の考え方や交際クラブの理解に違いがあり、会ってすぐに後悔するという結果になることも珍しくないようです。完全なる「さくら」ではありませんが、女性の意思で登録に来ていないという点では、さくらとも変わらないのかもしれません。

それに比べて当倶楽部では、当社オフィシャルホームページや各ポータルサイト(交際クラブがたくさん紹介されているようなサイト)、女性同士の口コミなどでのみ登録希望の女性が集まってまいります。

このような形で月に100名をゆうに超える登録がある交際クラブは、ほかにないと思います。

ご入会前のお問い合わせの際、数だけ居ても・・・とおっしゃる方もいらっしゃいますが、数がいないと好みの女性を選ぶこともままなりません。

貴方だけの天使を探すなら、当倶楽部にぜひお任せください。

It is a characteristic that is common read more in innovation-oriented companies like google and apple and one that more school districts should embrace, says rowland l